晴れ時々コジコジ blog

難病の息子の成長記録やグルテンフリー食品・子育てパート主婦の日常あれこれ日記

【ココトモファーム】美味しいグルテンフリーの米粉バウムクーヘンは社会を支える『幸せの輪』

いつもありがとうございます。

【ココトモファーム】美味しいグルテンフリーの米粉バウムクーヘンは社会を支える『幸せの輪』障がいがあっても働きやすい

www.cocotomobaum.jp

 

先月、愛知県に住んでいるお義姉さんから『ココトモファームのバウムクーヘンを頂きました(^▽^)/

グルテンフリーのバウムクーヘンは珍しい!と思って送ってくれたそうです。

左;ハードバウム  右;ソフトバウム

特にこのハードバウムは歯ごたえがありカリッともちっと、何とも言えない初めての食感でおすすめです!(^▽^)/ すぐにでもリピートしたい(^▽^)/

すごく美味しいです。ほんとに美味しいです(^▽^)/

この送ってもらった箱の中に、パンフレットや冊子が入っていたのでふと、目をやると

なんとも興味津々な事が沢山書いてありました。

 

農業×商業×工業×福祉

愛知県犬山市に『農・商・工・福』の連携を犬山モデルから全国へ!

ココトモファームが目指すのは、農業と福祉そして商業を連携させ、 生産から販売までの一貫したものづくりを通して、誰一人取り残さない 社会をつくること。

そして地域を、日本を、社会を支える"幸せの輪"を 広げることができれば、と願っています。

引用元:ココトモファームHP

 

社員の約2割が何らかの障がいを抱えているココトモファーム。

社長の齋藤さんは元々発達障害で小学生の頃いじめに合い不登校になった時、自分の居場所は弟と一緒に遊ぶ事だったそうです。その弟さんが大学生の時に突然統合失調症を発症し家族以外と交流が持てなくなったそうです。小学生の時自分の居場所を作ってくれた弟の為に、今度は自分が弟の居場所を作りたい。障がいがある人もない人も関係なく働ける居場所を作りたい。そんな思いもあるそうです。

自分のペースで少しでも社会とつながれたら。

 

障がいがあっても働きやすい

youtu.be

 

お米の生産からバウムクーヘンの製造・販売、その他、仕事の幅が広がればそれぞれの特性を生かした働く場所が増えると思います。

2023年今年から、障がいのある人が多様性の中で働ける場の提供を本格的にスタートするようで、この取り組みが全国に広がる事で地域創生につなげて行きたい!と未来を見据えた構想がすごく感銘を受けました。


このブログを書いていてまた、バウムクーヘンが食べたくなりました(笑)

 

自社の田んぼで育てた美味しいお米だけを使用したお米のバウムクーヘン奥様が元パティシエだそうでレシピを開発されたそうです。

ほんとに美味しいです(^▽^)/

 

米粉バウムクーヘンは美味しいだけではなく、社会に優しい『幸せの輪』(^▽^)/

すごく心に響きました。

今度、お店に直接行ってみたいです(^▽^)/

https://cocotomo.shop/

haretokidokiyuki.com

haretokidokiyuki.com

haretokidokiyuki.com

haretokidokiyuki.com