晴れ時々コジコジ blog

難病の息子の成長記録やグルテンフリー食品、子育てパート主婦の日常あれこれ日記

副菜にあと一品

毎日毎日毎日毎日。。。ご飯を食べます。

 

そして晩御飯の献立を毎日毎日考えています。

 

料理のあまり得意ではない私は(意欲はあります(笑))献立を考えるのも苦手で、冷蔵庫の中身を見てパっと頭に献立が浮かびません。

 

いつも料理動画レシピを見て助けて頂いております。

ほんとに料理の得意な方は皆さんです!

 

もし、私の母がこのブログを目にする事があったなら気を悪くするかも知れませんが、母もあまり料理が得意でなかったように思います(苦笑)そのDNAを受け継いでおります(笑)いやいや、人のせいにしてはいかんいかん!!すべては私の努力不足!

 

 

そんな私が10年くらい前に、NHKの番組で献立レスキュー(?)をしていたスーパー主婦の足立洋子さんのレシピを観て感銘した出来事があります。

 

●ひき肉ときのこのカレーは煮込まなくてもすぐ完成!

目からうろこだったのが、ひき肉の炒め方をその時初めて知りました。

 

パックからポンッとフライパンに出して四角いまま崩さずに両面をこんがり焼く。そうすることによってお肉の旨味がギューッと閉じ込められて美味しくなるのだとか!その後、崩してパラパラにしていく。

 

この事を知ってからひき肉を炒める料理を作る時は、ずっとこのやり方をしています。美味しい気がします。

 

 

●キャベツを茹でて一品。そう、またまた目からうろこだったのが、ゆで方です。お湯に塩と酒大さじ1。10秒くらい。 この酒を入れる事も初めて知りました。酒を入れる事で時間がたってもシャキシャキで色も綺麗なんです!

 

後は「塩昆布」や「ゆかり」を和えたりするだけで立派な副菜に。

 

料理の苦手意識のある私が言いたいのは、いい意味

『これで一品でいいの?こんな簡単な料理で副菜と名乗っていいの?(涙)』

 

これなんです。

 

料理とは複雑かつ調味料いっぱいと言うイメージがある私にとっては、副菜と名乗っていい一品がこんなにも簡単でシンプルでいいものなんだ!

 

と、肩の荷が下りた瞬間でした(笑)

 

足立洋子先生の料理本

adachihiroko.info

 

 

 

タイトルにもある我が家の『副菜にあと一品』ですが、こちら

 

キャベツの塩昆布和え

写真に出すほどでもない(笑)茹でたキャベツにごま油と塩昆布を和えるだけ!

他に、ピーマン、モロッコいんげん等も同様で美味しいです。ジャグちゃんもパクパク食べてくれてあっという間に完食です!子どもも大好きシンプル副菜です。

週3で登場です(笑)

 

 

 

今年は梅雨が短く、連日続く 猛暑!猛暑!猛暑!

いつか終わりが来るのでしょうか???

簡単野菜の塩昆布和えで塩分摂って暑い夏を乗り切りましょう!

 

えい・えい・おーーー!